相鉄いずみ野線沿線
次代のまちづくりとは

郊外住宅地に活力を生み出し、
新しいライフスタイルを実現できる
まちづくりを目指します。


横浜市と相鉄ホールディングス株式会社は平成25年4月に「相鉄いずみ野線沿線の次代のまちづくりの推進に関する協定」を締結しました。これは、市民・地域団体、大学、行政、民間企業との協働による新たなまちづくりをすすめるためのものです。

相鉄いずみ野線が走る地域には様々な地域の資源や魅力が存在する一方で、少子高齢化社会の郊外住宅地に共通する課題があります。
横浜市と相鉄グループは、地域のみなさまのパートナーとして、地域の資源や魅力を最大限に活用し、さらに生み出すことによって、みなさまにいっそう愛される「いずみ野線沿線のみらい」を創造していきたいと考えています。沿線にお住まいのみなさまが、楽しく快適に生活できることはもちろんのこと、次代を担うこどもたちを地域で育み、成長した後にも地域に愛着と誇りを持てるような、誰もが住みたいと憧れるまちとなるようにチャレンジしていきます。

「ひと」と「ひと」とがつながり、
みらいへの夢を語り、
楽しく安心して暮らせるまちを
一緒につくりませんか?

お知らせ


全てのお知らせをみる

イベント開催情報

map
イベントレポート


全てのイベントレポートをみる

相鉄いずみ野沿線 環境未来都市(次代のまちづくり) ヨコハマやさいレシピ

横浜野菜を未来へつないでいくために

ヨコハマやさいレシピコンテストは、横浜市と相鉄グループが進める「相鉄いずみ野線沿線 環境未来都市(次代のまちづくり)」の取組において、地産地消の推進による地域活性化・地域への愛着心向上を目的に実施したプロジェクトです。